エロくて、モテる、勉強になるエロサイト

豆知識

人生で避けられない大きな3つのストレスをプラスに考えるためのコツ

こんにちは。

寒いのが大嫌いな魔女っ子マコでございます。

最近は寒い日が続いているため、かなりストレスが溜まっています。

寒いor厚いなどの外的要因はもちろんのこと、人生にはどうしても避けられないストレスがありますよね。

ストレスをすべて消そうと思うと、逆にそのプレッシャーでよけいにストレスがたまる一方ですが、ストレスも考え方次第では「まあ、いいか」なんて受け流すこともできます。

それに、、、ご存知でしたか?まったくストレスのない生活も逆に人を鬱にしてしまうそうです。

昔読んだある記事には、船で一年中エーゲ海にぽかんと浮かんでいたら、ほとんどの人たちが鬱になって海に飛び込んでしまった、なんてデータもあったくらいです。

ときに荒波にもまれて船がひっくり返ったり、命を落としそうな災難があるからこそ人は「なんとか生き伸びよう!先には幸せが待っているはず」なんて生命力がわいてくるのでしょう。

とはいえ、、、あまりにも大きなストレスを受け続ければ、もちろん体や精神にも影響してしまうのでよくはありません。

ストレスとどう付き合うかがカギ

「一年中変化がないのはイヤだけど、ストレスなんてない方がいいに決まっているじゃ~ん!」

あなたはそう思うかもしれません。

でも、ストレスをストレスと思わずにその都度上手に対処している人たちも私の周りにはけっこういます。

こればかりは生まれもったその人の性質や性格などもあるので何とも言えませんが……

どんな人でも、考え方によってはストレスを軽減させることは可能です。

ある脳科学者のデータによると、人生から完全にストレスを追いやることはできないけど、一時的に脳からストレスを消すことは可能なのだとか。。。

前述したとおり、ストレスを完全に自分の人生からなくそうとすると、ストレスを感じるたびに悩むことになります。

なので、ストレスは人生から絶対に消えないもの!だから、一時的に消すのだ!と、割り切ることでだいぶラクになるのだそうです。

人生から切り離せない3つのストレスをプラスに考えるコツとは?

私たちの人生から切り離すことのできないストレスといえば何が思い浮かびますか?

就職や結婚、加齢や病気等もその例です。

今回は、私たちの人生から切り離せない3つの大きなストレスに遭遇したときに、どうやってプラスに考えればよいのかを解説したいと思います。

離婚したとき

最近のニュースでは、男女の3人に一人が離婚する時代なんて言われていますよね。

たしかに私の周りにも離婚した人は多いですし、シングルマザーの方も珍しくありません。

結婚があれば離婚がある。

どちらかが悪いとかの問題ではなく、恋愛と同じで自然と訪れるものなのです。

氣功の先生によると、私たちは生前から魂によって運命の相手が決まっているそうです。

なので……実際に魂が決めた伴侶と違った場合や、もともと魂が独身と決めていたにもかかわらずに結婚した場合、しぜんと離婚になってしまうのだそうです(苦笑)。

つまり、あなたの運命は肉体を授かる以前に勝手に決められているものなのです。

そう思うと、離婚なんて仕方のないことだと思えてきませんか?

誰のせいでもないと思えることで、気持ちだってラクになるはずです。

失業したとき

こんな時代ですから、最近は職を転々とすることに違和感のない人も増えてきたとは思います。

でも、やはり失業すれば生活の不安は絶えないですよね。

それに……周りが順調だとやっぱり焦りますし、若いころはまだしも、ある程度歳もとって家庭もあるのに失業してしまうと、かなり大きなストレスがかかって最悪、鬱病なんて事態にも陥ります。

生きづらい世の中ですからね。

しかし……仕事についてもじつは生前から自分が就くべき仕事というのは魂レベルで決まっているそうです。

いきなりたどり着く人もいれば、長い年月をかけてたどり着く人だっています。

ちなみに、私自身もこれまでたくさんの転職を繰り返していろいろな苦しみを味わってきたわけですが……

30代後半頃からようやく自分にとって天職というものがわかりました。

あと、私は外国人の方とお仕事をする機会が多かったのですが、海外の人はクビになってもどこか「あたり前!」なんて意識があります。

「クビになったらとりあえず次の仕事を探せばいい!

仕事なんてそんなものだし、食べていければオッケー!」みたいな感覚なのです。

海外では、ほとんどの人が仕事よりも家庭の方が断然大事だと考えています。

でも日本人だと違いますよね。

男だったら仕事に身を捧げるべき!とか、仕事がいちばん大事!という意識がまだ根強く残っていますよね。

正直、仕事なんて三の次くらいで、あなたの健康と幸せの方がよっぽど大事です。

なので、、、あなたの人生をより楽しく生きるためにただ仕事をするだけ。

そうやって、欧米的に考えましょう。

そうすれば仕事のプレッシャーからも解放されます。

両親の死に直面したとき

30歳をこえても、実家に帰れば母親がおいしい料理を作ってくれたり、甘やかしてくれたら、なんだか親の愛を感じちゃいますよね。

母親にとってはいくら子供が歳をとっても自分の子供には変わりないわけですから。

そんな大事な両親が天に召されるとき、本当につらいと思います。

< p>とくに独身の方は、自分の家庭もないわけですから、喪失感もその分大きくなります。

まるで、自分の心臓を持っていかれたような気持ちにさえなるかもしれません。

今はまだ考えたくはないかもしれませんが……いつか必ず両親の死はおとずれます。

私は、日頃から親と定期的に電話したり会う機会を増やして、両親が亡くなったときになるべく後悔をしないように生きています。

日本人は気を使いすぎるのか成人すると長い間、親に会っていないなんて人も多いですよね。

親孝行って、べつに家を買うことだけではないと思いますよ!

お互いに元気なうちにたくさん会ってたくさん会話する。

これだけでも、親御さんからみれば最高の親孝行だって聞きますからね。

でも……それができないうちに両親に他界された場合はどうすればよいでしょうか?

私は、こう考えるようにしています。

両親の肉体は朽ちたけれど、魂はそばに生きていて私のことを見守ってくれていると。

じつは、これは本当らしいですよ!

人間は亡くなるとその後、魂は霊界で数十年さまよってから、またこの世に生まれるのだそうです。

そう思うと……死なんて一時的なものだって思えてきませんか?

だって、またどこかで新たな命を授かったご両親と出会える可能性があるのだから……

終わりに

いかがでしたでしょうか。

以上が、私たちの人生から切り離せない3つの大きなストレスに遭遇したときにプラスに考えるコツでした!

どれも私たちが人間である以上、避けられないストレスですよね。

離婚や失業については、今は大丈夫でもいつかそうなるときはやってくるかもしれません。

今のうちにイメトレしておくだけでも、いざというときに必ず役立つと思います。

「病は気から」と言われるように、「ストレスは考え方次第」です。

なるべく良い方向にとらえていきたいですよね。^^

今回も、人生についてシュールに語ってしまったマコでした!

次回も私の記事を楽しみにしていてくださいね。

※魔女っ子マコのその他の記事はこちら

ライター:魔女っ子マコ
30代元社長秘書。都心在住。
男性には、よくフェロモンむんむん?なんていわれてしまいます。
本気でエロスを追及する姿勢が、もしかしたらフェロモンになっているのかもしれませんね。。。
趣味は海外旅行、知的エロスの追求、M&Aのお勉強。
特技は貯金で、必需品は、Jimmy Chooの眼鏡。
口癖は、「あ、いい~♡」
服は脱ぎませんが、文章であなたをHな気分にして、心を素っ裸にしちゃいます!