エロくて、モテる、勉強になるエロサイト

AV関連

エロさが純粋培養された可愛い子!弄れば弄るほどに淫らになる唯井まひろちゃんの底無しエロス

SEXへの妄想を純粋開花させた美少女・唯井まひろちゃんの鮮烈エロス!

「エロが後ろめたいもの」として認識されていたのは、90年代前半まででしょうか。

AVの存在があって、エロが別の価値を帯びて、21世紀には、AVを通じて、「エロを前向きに見れる」ものへと変化していったわけです。

そんな中に生まれた子どもたちは、エロに対する興味や価値観が違います。

「彼氏の存在」よりも、「SEXすること」に愛情と価値を幻想とする10代を迎え、そのまま成長していく女子を誕生させて行きます。

この世代の代表格が、ただいまちゃんこと唯井まひろちゃんではないでしょうか。

屈託のない笑顔を振りまき、素直に感じることをストレートに表現する美少女。

歪んでいようとなかろうと、恋愛にこそに価値を見出す上の世代から完全に脱却している女子は、アダルトビデオの価値観を、さらに上昇させる運命を持っており、さらに背負っている。

スカパー!アダルト放送大賞2019新人女優賞にノミネートしているただいまちゃんの、デビューから足元に続いている轍には、SEXへの夢と感動がそのまま息づいている。

スカパー!アダルト放送大賞は、1月31日までが投票期間です。

唯井まひろちゃんの足元にあるまっすぐな道を、あなたも手伝える期間です。

彼女のAVから見ていく興奮を読んだなら、その道を進む仲間になれます。

ドラクロワの絵画、「民衆を導く自由の女神」のような姿が、「ただいまちゃんの未来予想図」なのです。

キスだけで抜ける絶妙かつ破廉恥!さらに純粋無垢が合致するただいまちゃんの前戯プレイ

唇がぽっちゃりしている、それだけで「キスしたらさぞ気持ちよかろう……」と思うでしょうし、実際、そういう子の唇は気持ちいい。

写真を見れば一目瞭然、ただいまちゃんの唇はぽっちゃり系……キスだけでギンギンどころか、発射しちゃう人もいるかもしれないような形。

もちろん、そのものズバリでして、導入部であるキス〜フェラだけでも最高!

さらには、憂いを帯びた目線、「濡れた瞳」というヤツで、ジッと見つめてくるフェラ。

これだけでもう十分すぎるほどに、見る側を興奮させてくれるプレイです。

彼女自身、愛撫されるだけで表情がエッチに変わるということは、かなりの敏感ボディーなのが想像つくでしょう。

そう、ぽっちゃり唇の女性は、唇が性感帯になっていることがほとんど。

キスで感じる、フェラチオで感じるのは、男側だけでなく、ただいまちゃん自身も同じように感じて興奮するのでしょう。

通常AVでも最高の卑猥さとキュンとハートがしちゃう興奮を味あわせてくれるただいまちゃんですが、VRとなればもはや敵無し最強!

彼女の顔が近づいてくるキスでの臨場感は、ドキドキがこちらに伝わり、恥ずかしいかもしれませんが、「唇を近づけてしまう」ことでしょう。

フェラチオは、それが自分のち●ぽではないのに、舐められている感覚に陥ること間違いなし。

学校帰りの親のいない家で、ドキドキしつつのエッチな行為。

もしもしたことがなくとも、「やっていた」既視感を覚えつつ、のめり込ませてくれる。

プレイだけでなく、ただいまちゃんの見せてくれる、彼女も感じているドキドキ感が伝わってきます。

AV以上のSEX感覚は、VRだから得られるのではなくて、「相手の女の子が何をするか」で得られるもの。

ともすれば、「自分もそういう感覚に陥りたい」と思っている(かもしれない)「ただいまちゃんのドキドキ」が、脳にダイレクトに響き続けるのです。

「『恋人は18才』唯井まひろ おうちで初デート&初キス&初H ※激カワ」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=3DSVR-0285

ファンのひと言「こんなに可愛くて人懐っこい子犬キャラにメロメロ落ちです!」42歳妻子持ちただいまちゃん推しおじさんの声

「初めて会ったときに『恋に落ちた』感じがあります!」と答えてくれたのは、42歳で妻子持ちのDさんです。

「初恋の子が、どんなだったかを思い出すことはできないのですが(笑)、ただいまちゃんじゃないかという勘違いをさせてくれます」

「そしてAV作品を見ると、まさにそれ!」

「自分が思い描いていたはずの、初エッチを重ね、女の子が、自分の前でだけはエロくなってくれる……そんな甘酸っぱい思いを抱かせてくれるのです」

「浮気? いや浮気とは違う何か……嫁さんと子どもには申し訳ないけれど、『パパの青春を再び取り戻してくれたのがただいまちゃん』なんですよ!」

年齢層が高いAVファンは多いと言われているのは、ここ20年らいの懸案のひとつ。

「若い人が買わないと、業界が先詰まりを起こす」というのがありますし、「年を重ねていけば、その人たちはいずれ死んでしまうから、若い層にもっとアピールしたい」というのが業界積年の思い……。

ですが、エッチがリアルに転がっている層に比べて、年齢の高い人たちは、「現実よりも夢をまたみたい」わけです。

そんなところに、自分の記憶をよりパワーアップさせて登場したのが、唯井まひろちゃんということ。

彼女のファン層は様々に存在しますが、誰もが、「夢を再び見たい」と思う人たち。

彼女のふんわりとした喋り方、ちょっと幼げなリアクション(まだ10代ですが、同年齢のアイドルを見ると、どうしても可愛い幼い系に見えます)などが、『夢の中に年を取らずに生きてる彼女』のような感覚に陥らせるのでしょう。

これは、年齢問わずに、「働いている層」にとっては、想像以上
の効果を生み出す。

まるで、「チューリップ」の歌のような、青春の味わいを堪能できる。

だからこそ、芸名は、「ただいまちゃん」なのでしょう。

「ぼくの彼女は同じクラスの唯井まひろ ドキドキエロエロなふたりのラブラブ学園生活(ハート)」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=STAR-954

エロいSEXよりも素直なSEXを求める人にたまらない、唯井まひろちゃんのプレイ!

SEXはエロいと考えている人たちにとって、AVは、そこまで反応するものではありません。

「リアルなSEXこそSEX!」だったり、「人のSEXを見て興奮するわけがない(=自分ではないから)」という主張もまた正しいでしょう。

しかしながら、AVを見れば分かるのですが、「リアルよりも興奮するSEX」があります。

脳内覚醒という刺激は、リアルにち●ぽが気持ちいいよりも、激しく興奮させてくれるし、射精感覚もまた強烈になります。

そういう意味では、無意識のうちに、「相手が興奮することをしてあげると、自分も興奮する」という感じの、ただいまちゃんのプレイは最高です。

挿入する瞬間の彼女の顔をまずは見てください。

自分ももちろん接触することの快感があるでしょうけれど、それ以上に、「相手が喜んでいる歓喜の勃起」したモノが、自分の挿入される脳内興奮を味わっているように見えるのです。

プレイ全体が、愛情たっぷりであり、それがカメラを通り越して、こちらに伝わってくる。

『聖母』という言葉を与えたいくらい!

ただいまちゃんはまだ18歳(2000年3月4日がバースデーです)なので、「早すぎる!」という声はもちろんあることは知っての上で、あえて呼びたい。

ちなみに腰が細くて綺麗なので、バックのときのお尻のラインはエロエロで注目ポイントです。

エロい顔になっているときは、まさにバックの最中。

「忘れてきた彼女」の役割だけでなく、「彼女はエロくなっていた」という、「二重の感動を味わえるただいまちゃん」なのです。

「SODstar 唯井まひろ 18歳 性感エステ×フルコース 10コーナー240分SP」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=STAR-999

まとめ〜エッチに興味津々世代は、「ヤリマンになるよりAV女優を選ぶ!?」

エッチをいろいろな人とすることで、自己堪能し、自己承認を得ていたのが「ヤリマン」です。

不特定多数とエッチするよりも、実は、特定の人物(複数有り)と、逢瀬を重ねるほうが、より快感を得られるし、より探究心を刺激することができます。

ということは、ヤリマンになって男たちをいろいろ味見することよりも、AV女優になって、男優やスタッフなど、「どういうSEXが良いか」と、あらゆる方向性から探求している人たちと関わるほうが、「自分にとっての快感をさらに極めることができる」。

それが、「AV女優になることを選ぶ世代」の発想です。

これ、意外と偏差値的には高い思考を示しているし、自己崩壊へ繋がらない(プロとしての矜持や、金銭が関わる)のです。

ただただ、短絡的な思考性から、「AV女優になっていいかな」という世代から変化して、「AV女優になってSEXの謎と、自分の謎を見たい」という世代の登場。

AVが持つ役割がとても重要になっていることを、現場の人たちは気づかないかもしれませんが、ファンとAV女優は気づいている。

「民衆を導く自由の女神」として、世界に降臨してきた唯井まひろちゃんを、この機会にさらに堪能することは、平成が終わる2019年だからこそ重要かもしれません。

麻雅庵(あさがあん)のその他の記事はこちら

麻雅庵(あさがあん)

人は私を、「AV業界重鎮ライター(笑)」と呼ぶ。理由は、「やたらAV女優と知り合いだから」。その関係性から知り得る、AVにおける「意図していないけど、こぼれ落ちている」部分を紹介していきたいです。