エロくて、モテる、勉強になるエロサイト

AV関連

 素人AVと呼ばれるタイトルがこれから熱くなる3つの理由!?

 AV女優とは、「SEXのプロフェッショナルではない!?」事実を知ろう!

「AV女優はSEXが上手」と思われている節があります。

のべつ幕なしにエッチをしていて、「そこらの男のSEXを品定めしている」とか。

現在のAV業界のお仕事から見ると、「ヤリマン」イメージがあるのは良いけれど、ガチの「ヤリマン」だと難しいです。

「サイン会」などがあることでお分かりの通り、職業的には、「アイドル」です。

結果として、エロ好きさんは、企画AVとか素人AVを好む人がノーマルっぽい感じ。

SEXが好きということ、「流れでヤッちゃった」ノリが、作品とはいえ、映像から見えてくるからです。

AV女優として名前がある子よりも、「偶然に撮影してしまった」猥雑さが、下半身への反応を直結させてくれる。

AVマニアたち、「AVは素人のSEXこそガチ」という風潮が誕生し、「素人の激しさにはかなわない」と感じているようです。

映像のプロが作る、脳髄に刺激するエロではなく、「もっとストレートにち●ぽ(ま●こ)に響く、素人系AV。

「素人系AV」の大噴火は、もう目の前に迫っているのです。

素人たちが見せるのは、「予定調和にない、ただ快感に溺れる姿」です!

AV女優は、カメラにさらけ出す。

それを見た男女は、エロい気持ちになって、興奮と刺激を得る。

そして、単体AV女優が一番売れると言われるのは、デビュー作。

カメラに見え隠れする「抵抗感」でしょう。

「SEXのプロではない女の子が、エロのプロになる」瞬間が伝わります。

反して、素人AVは、どこかでナンパされて、ノリで出演快諾して、さらに口説かれて、カメラ関係なくSEXする。

「ダメですぅ」と言いながらも、一般男子よりも丁寧な、AV男優のキスや愛撫で気持ちよくなって我を忘れる。

見ている側からすると、「落ちた!」という興奮は何物にも変えがたい激しい興奮が映し出されます。

カメラアングルなどは無視し、ただひたすらに腰だけを振るSEX。

これぞ、「男子の夢」といっても過言ではない(笑)

だからこそ、素人AVには、古今問わず、ファンが離れません。

さらなる発火点のひとつとして、前述の、「アイドル化したAV女優」です。

丁寧に作られ、カメラアングルや、タイトルにある行為を、これでもかとカメラに見せつける。

それが素人AVにはこれがほぼありません。

だからこそ、「リアルじゃない、これ」と見えますよね。

AVユーザーが、「快感をこらえきれない女の子」を欲していて、リアルな行為を好むとするならば、素人AVこそが、理にかなったエロ映像です。

これを女子側の視点で説明すると、「自分もヤラれたい!」という、欲望がそのまま、映像の中にある。

「理由なき快楽に溺れる行為」こそがSEXの興奮です。

作品を買わずに、ネットの海に溢れている、違法動画を好むのだけはモラル的はもちろん、私のビジネス的にも勘弁してほしい行為なのですが、そういう映像がネットの海で受けている。

見たいと思わせているエロ映像とは、けっして、AVの違法アップだけではないのです。

素人AVファンの40歳男が語る「素人物での女の子の落ちる姿を見ましょう!」

「AVは単体よりもやっぱり素人でしょう!」と言い切る40歳のYさんのご意見です。

「人のエッチを覗き見している興奮だったり、プロの手によって、エロを目覚めさせられてしまう……これが最高なんです!」

「単体だと、どこかに監督とかスタッフの匂いがする」

「このAV女優も騙されているに違いないという興奮もあるのですが、それとオナニーは別の話です(笑)」

「エロい快楽を肉体に教え込まれ、悶えまくる女子に興奮するんです!」

「フェラが上手とか、乳首舐める女とかって、風俗嬢みたいで嫌なんです!」

「命令されてさせられるとか、無意識に女が発情して、自分の中にあるエロい欲望を解放しちゃうとかならばいいけれど」

「興奮しちゃっていて、よだれ垂れるのを気にしない瞬間とか最高です」

「フェラチオで、妙な音を立てるプレイあるでしょ? そこに興奮する男の意味が分からない」

「ぎこちなさは素人系でしか見られない、ガチの臨場感が一番興奮するんです!」

このSEXはガチかそうでないかの境目の曖昧さがAVの楽しさです。

ところが、素人AVファンは、「ガチであること」こそ、本物のSEXであり、AVと信じているから売れている。

「AVアイドル」が増えれば増えるほど、素人AVは爆発するのだと思います。

「新宿で見つけた素人お姉さんが優しく筆おろしをしてあげていたらまさかの童貞チ○ポに激ピストンされて逆に何度もイカされちゃいました。」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=IENE-933

素人AVファンの23歳女子が語る「身近なのに激しいエッチを見たいんです!」

「自分があの立場で声をかけられたら……そんなことを考えると興奮しちゃうんです」とは、素人系AVを楽しんで見ている女子のIさんは、女子大生です。

「私は、実際にその場で知り合ったばかりの人といきなりエッチはできません」

「だけどもし……自分がそのままノリでエッチをしたら、すごい刺激的なのかもと思うんです」

「だからこそ、AVを見て、簡単にスカートをめくられて、弄られる女の子が羨ましいんです」

「素人AVと書かれているAVに出ている女の子は、カメラを向けられている事実も、あんまり気にしていないで、エッチなことをされているうちに、夢中になっちゃう」

「そんな風なエッチをしてみたいと思ったりする自分がいるんです」

「ムラムラするというよりも、『この子のほうが私よりも人生が楽しいんじゃないか……』という漠然とした不安感です」

「欲求不満ではなく、なんかマウンティングされた感覚に陥るんです」

「いつか私にも、あんな感じで声がかかる日がきたら……想像するだけで、目の前の素人AVをおかずにして、もっと激しい妄想になって、オナニーが激しくなるんです」

「AV好き女子」は、可愛いAV女優が悶えちゃう変身に萌えるようです。

でも、Iさんは違っていて、「自分もこの環境に落ちる可能性への羨望に興奮」しちゃう。

AVによって、自分自身のエロと向き合うことになった女子は増加しています。

ある日突然、AVに出る運命が、自分に降りかかる瞬間を待っている。

あくまでも、受け身体質ですが、AV女優としてデビューする女の子は、こういうタイプが多いのではないでしょうか。

「あき(23)素人美女限定 100の質問中に突然デカチンを即ハメ!恥じらいつつも、連続ピストンでオマ○コぐちょ濡れ大絶頂!」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=MMGH-128

まとめ〜より近いところにいる意外なスケベ女子を妄想する楽しさ

AV女優が、アイドルになったことで、アイドルとして応援するということに、自分の何かを注いでいる男子や女子がいるようになりました。

でも、本来の意味でのAV女優というのは、あくまでもミステリアスな存在。

週刊誌などは、ヌードを掲載する女の子に対して、「AV女優」ではなくて、「素人」と言っていましたし、そういうヌードのほうが、圧倒的に人気が高いです。

「隣の部署のおとなしそうなあの女の子が、実はエロい」という男子の妄想。

「エロい運命が降りかかり、私を快感で狂わせてほしい」と願う女子たち。

こんな男女がいる限り、素人AVは成立する。

「ただただ刺激がほしい」というだけの女子が、「素人」として出演しているのが、素人AVでしょう。

SEXすることを、さも当たり前のように展開するのがアダルトビデオです。

だとするならば、社会規制が増加すればするほど、素人AVを欲する人たちや、素人AVに出演を希望する女子が増えていく。

だからこそ、いろいろな部分が混迷している、2019年から2020年にかけて、素人AVがさらに加熱し、爆発すると考えるのは、矛盾もなく、当たり前なのです。

あなたのデスクの隣の女の子は、すでに素人AVに出演しているかもしれませんよ。

麻雅庵(あさがあん)のその他の記事はこちら

麻雅庵(あさがあん)

人は私を、「AV業界重鎮ライター(笑)」と呼ぶ。理由は、「やたらAV女優と知り合いだから」。その関係性から知り得る、AVにおける「意図していないけど、こぼれ落ちている」部分を紹介していきたいです。