エロくて、モテる、勉強になるエロサイト

エロネタ

ナンパ入門1 ~ナンパのメリットデメリット~

ナンパ入門第一弾!!定期購読でナンパの達人になれる!?まずはナンパという事を知る事から!!

ナンパとは遊びではない。

その先にあるものが幸せとも限らない。

それでも男は性欲と狩猟本能に任せて突き進む…。

最近はナンパはしてません!何故なら疲れるからです!発狂装置です!

私はライターというお仕事をさせていただくにあって、全知能を総動員して、どんな記事を書くのか考えました。

その結果、自分にはナンパと飲尿しかない事が判明いたしました。

他のライターさんが多種多様な経験がある中、私は数十年という人生、ナンパと女の子におしっこを出させる事だけに専念してきたのです…。

もう、こうなれば、それについて書くしかありません。

この機会を上手く利用して、皆さんに立派なナンパ師になっていただけるような記事を書ければと思います。

【何故ナンパをするのか】

もしかしたらこの記事を読まれている方の中には、下半身裸で「SODチャンネル」を見ながら、その片手間に読まれている方もいるのかもしれません。

その中には冷静沈着にオナニーに励む方もいれば、明日の犯罪者もいるかもしれません。

何にしても性欲は犯罪の元です。

「イイ女とヤリテー…」

 

そんな知能指数ゼロの欲望を満たすのがナンパです。

もし貴方にナンパが出来れば、家から出て、近所の女性に声をかけて、お持ち帰りすればいいだけの事です。

どうです?魅力的に思えてきたでしょう?

今回はこれからナンパを始める方のために、

ナンパのメリット・デメリットをお伝えしましょう。

【ナンパのメリット】

1、いつでもどこでも出来る

 

画像1

例えば携帯電話でアダルト動画を見ながら下半身裸でマスターベーションをして路上を歩いていると、物凄い勢いで逮捕されます。

しかしナンパには制約はありません。

イイ女をみつけたら、どこでも声をかけられます。別に路上でなくても結構です。

雰囲気の良いBar、汚い居酒屋で偶然隣に座った女性、スーパーマーケット、ファミレス、駅の中…。

勿論、時と場合を考える必要はありますが、いつでもナンパをするチャンスはあると考えて良いでしょう。

2、お金がかからない

 

画像2

ナンパは想像以上にお金のかからない遊びです。

例えば出会い系サイトのほとんどは課金制度な上に、課金しても必ず出会えるとは限りません。

出会えたとしても、その女性はあなたの好みかもわからないです。

仮にあなたの好みだったとしても関係が上手くいくとは限りません。

そうなれば課金代はパーです。

しかしナンパは自分の好きな容姿の女性に声をかけるので外見的な意味での「ハズレ」はありません。

更に、声をかけなければお金は一切発生しませんし、声をかけても何をするか、どのぐらいお金をかけるかは、自分自身で決める事が出来るのです。

実際、私はナンパした女の子と、外で缶ジュース飲みながら散歩したり、喫茶店でコーヒーを飲んだりなんてデートをしました。

それも割り勘なので、実質女の子とデートしても300円しかかかっていないなんて日も多数ありました。

非常に経済的です。

3、結果がすぐ出る

 

画像3

仮に職場でAさんという同僚の女性とエッチをしたいとします。

まずはAさんを食事に誘います。

何度か食事をする中で良い雰囲気を作っていき付き合います。

付き合って、初めてエッチをします。

どんなに早くても1週間以上は時間が必要なのではないでしょうか?

勿論、例外もあるでしょうが、周りの目もありますし、基本的にはこの順番を踏む必要があると思います。

ところがナンパではそれを1日に凝縮する事も出来るのです。

知り合う→デートする→エッチする。

ここまでが1日で完結するのです。

同僚に見られているわけでもないので、周りの目を気にする事もありません。

例えば今日エッチしないと明日、性犯罪を犯してしまう人がいたとしましょう。

職場恋愛ならアウトです。次の日には逮捕されています。

ナンパなら?もしかしたら性欲を満たして明日も生き延びられるかもしれません。

ナンパは人の(社会的な)生死も変えてしまうのです。

【ナンパのデメリット】

1、他人に絡まれる

 

150403376144-thumb-815xauto-18960

どうもナンパというのは世間の心象が良くないようです。

例えば女の子に声をかけてると、彼氏や、彼氏ヅラした男が寄ってきて「俺の女に何してんじゃい!」と怒られたりします。

それだけなら良いのですが、キャッチやスカウトマンが近寄ってきて「ここは俺たちの縄張りなんだけど、誰の許可得て声かけてるの?」なんて言われたら結構、困った事になります。

前者は適当に流しても大丈夫ですが、後者は大きな揉め事に発展する可能性もあるので、事前に危険そうな場所は調べておいた方が良いです。

周りでいかにも怖そうな見た目の人が女の子に声をかけていたら、なんとなく、そこでナンパしてはマズイんだな…と思った方が良いです。

2、女の子と喧嘩・揉め事が起こりやすい

 

PPW_warekosohaesawokoi-thumb-autox600-13088

例えば職場の女性とデートをしても大喧嘩になる事はあまりないと思います。

あっても多少口論になったりとか、常識的な範囲だと思います。

しかしナンパで知り合った女の子は職業も不明ですし、一般的な同僚・友達感覚で話が進まない事があります。

矛盾しているように感じるかもしれませんが、ナンパに付いてきたのに終始不機嫌な女の子や、ちょっと意に反する事をしたら揉めそうな雰囲気の場というのが、ナンパでの人付き合いには多数あります。

揉めるのは飲食店の会計が割り勘だの奢りだの、ホテルに入ったらエッチする約束だったの約束してないだの、信じられないぐらいケツの穴の小さな事で揉める事が多いのですが、これも女性側が「友達のヤ◯ザを呼んで解決するから!」など大きな方向に転ぶ可能性があります。

この手のトラブルは一定の確率で必ず発生するので、女の子を説得させる技術を高めておくか、逃げ足を早くしておく事が大事です。

3、結果は努力次第

 

画像6

これはナンパに限らず、どんな事でもそうですが、その人の努力が結果を生み出します。

ナンパを始める事でモテる可能性がある、女性と付き合いやすくなる、というのは大きな間違いです。

ナンパを始めて、どうすれば上手くいくのか試行錯誤した結果、素敵な人生が待っている可能性が初めて生まれるのです。

ナンパは見た目や会話1つで女性の態度が豹変するので、自分を客観的にみつめなおす良い機会になるかもしれません。

「ブサイク!」「話がつまんないんだけど」と、声に出してハッキリと言われる事もあります。

赤の他人というのは基本的には冷たいものです。

でもそれをネガティヴに捉えてはいけません。

自分に対して怒ってくれる人、自分の何がいけないのか考える機会を持たせてくれる人々に感謝しましょう。

親でもない限り、いい大人に思った事を直接伝えてくれる人間というのは、中々いないですよ?

【まとめ】

ナンパする勇気は湧いてきたでしょうか!

今後は皆さんがナンパに出られるような記事を書いていこうと思いますので、それまでは「SODチャンネル」を見ながら首を長くして待っていてください!

■ライター

発狂装置(はっきょうそうち)

03 反社会的で協調性ゼロ。現代に生きる最後のアウトロー。巷で噂の伝説のナンパ師。女の尻を追いかけて9年目。ロックでパンク。小便とアジア料理をこよなく愛する、多趣味でイケてるナイスガイ。