エロくて、モテる、勉強になるエロサイト

エロネタ

知らなきゃ恥かしい!!オナニーの語源や歴史

オナニーの歴史は人類の歴史と共にあり

マスターベーション、手淫、せんずり、マスかき、自慰…。

いろいろと呼び名はありますが、オナニーのことです。

自分の手や道具で性器を刺激して、快感を得る行為のことです。

ちなみに、猥褻ではない保険用語として「セルフプレジャー」という呼び名もあるそうです。

オナニーのことをそう呼んでいる人を見たことはありませんが。

セルフプレジャーはともかくとして、このように多種多様な呼び方が存在することからも、人類とオナニーが切っても切り離せない関係だ、ということがわかるのではないでしょうか。

オナニーの語源は『旧約聖書』にあった!

『旧約聖書』の「創世記」38章に「オナン」という男性が登場します。

このオナン君こそ、オナニーの語源となった人物なのです。

オナン君には兄がいたのですが、その兄が早死にしてしまったため、子孫を残すために兄嫁と結婚させられてしまいます。

好きでもない女性と結婚させられたオナン君。

「兄貴のために子孫を残すなんてイヤだ!」

そう考えたオナン君は兄嫁とのSEXの際、中出しすることを拒んで射精寸前にチ○コを抜き、地面に発射しました。

しかし「子孫を残すための射精を、外でするとはけしからん!」と怒った神様によって、オナン君は殺されてしまいましたとさ。

この物語を読めばわかるように、オナン君の行為は正確にはオナニーではありません。

外出し、膣外射精です。

それなのにオナン君はオナニーの語源となってしまったのですから、人生とはわからないものです。

それにしても、神様も殺さなくてもいいでしょうに…。

ちょっとオナン君に同情してしまいましたが、よく考えたらオナン君も子供は作りたくないくせに、兄嫁とのSEXは拒まなかったわけでして。

目の前の欲望には勝てなかった、男の哀しい性の物語でもありました。

日本人とオナニー 〜オナニー大国ニッポン〜

13世紀の『宇治拾遺物語』にこのような話が載っています。

源大納言雅俊が法会を開催した時に僧を集め「一生不犯」(今までも、これからも女性とSEXしません)の誓いを立てさせました。

すると一人の僧が青い顔をしてこう言いました。

「かわつるみはいかが候べき」(オナニーはしてもいいのでしょうか?)

それを聞いて一堂、大爆笑しましたとさ。

このような話が残っていることから、オナニーは昔から広く行われていたことがわかります。

それにしてもこの僧侶も必死すぎです。

しかし「お前、今日から一生オナ禁な!」と言われたら、そりゃ必死にもなるかもしれませんね。

時代は下って江戸時代。

なんと、江戸時代にはすでにアダルトショップが存在していました。

両国米沢町にあった「四ツ目屋」という店では「長命丸」「女悦丸」といった現在の媚薬のようなものや、「張型」、木や動物の角で作ったディルドが売られていました。

そして商品の中には「吾妻形」というオナホまで売られていたのです。

『閨中紀聞 枕文庫』という書物の説明によると

「鼈甲=ウミガメの一種・タイマイの甲羅で外側を作り、ビロード=なめらかでツヤのある布を内側に貼った」

ものであったそうです。

…正直、あまり気持ち良さそうではありませんが。

しかし、日本から世界的大発明「TENGA」が生まれたのも、こういった歴史があったためかもしれませんね。

オナニー=悪いこと? 西洋「反オナニー」の歴史

日本人がオナニー を楽しんでいる一方、西洋ではオナニー はあまり歓迎されてはいませんでした。

オナン君の例からもわかるように「射精は子作り以外でするものではない」という宗教的な考えが根底にあったことが原因です。

さらに、19世紀半ばには「原因不明の病気は、全部オナニー によって引き起こされる」という学説が広まりました。

妻や恋人の貞操を守るために装着させたのが始まりとされる「貞操帯」が男性用も作られ、オナニー 防止用に使われるようになったのです。

日本では「オナニー をすると馬鹿になる」と言われますが、この言葉もこういった西洋の歴史に影響されて誕生したものです。

実際にはオナニー をしすぎることで脳の機能に影響が出ることはない、とする意見が現在では大半です。

しかし、勉強もしないでオナニー ばかりしていたら、成績が上がらないのも当然、とも言えるわけで。

直接的に脳に悪影響がないとしても「オナニー ばかりしていると馬鹿になる」はある意味、真実なのかもしれません。

オナニー に悩むより、一発抜いてスッキリした方がマシ

現在でも「オナニー に罪悪感がある」と言う人はいます。

体や頭に悪い、というオナニー に対するマイナスイメージが働いているためでしょう。

しかし、そんなことを思い悩むくらいなら、とっととオナニー をして「気持ちよかった!」と切り替えた方が精神的にずっと良いでしょう。

古代ギリシャに「ディオゲネス」という哲学者がいました。

彼はしたくなったら、人前でも道端でも平気でオナニー をしたと言います。

「こするだけで満足できて、金もかからない。こんなに良いことはない」という言葉を残したそうです。

このくらいの気持ちで開き直り、オナニー を楽しむべきなのです。

とは言っても参考にするのはその精神性だけにして、人前や道端でのオナニー は慎むようにしてくださいね。

※Aのその他の記事はこちら